乳牛にも温顔化の影響が出て対策を模索しています。

乳牛を採取する時にも、やはり牛の体調が良くないと良い乳は取れないそうです。

近年の温暖化によって、気温が上がってきているのが原因で、乳牛から取れる牛乳が少なくなっているのです。


今までは巨大扇風機で風を送るという方法を取っていたのですが、試作品として衣料大手のグンゼが乳牛用の冷却服を開発したのです。

牛の首から胴体前部までにかかる服で、体温を調整し乳牛が一番良い状態を管理するという新しい管理方法を試しています。


実用化には時間がかかりますが、試験段階では大きな効用が出ていると言うことです。


温暖化は人間だけではなく、当然動物や植物にも襲い掛かってくる事実を、しっかりと人間が把握しないといけないことですね。
TOPPAGE  TOP 
バナー見本